副業と本業への影響/やって見て分かったメリット/デメリット

 

本業が忙しすぎる・・・ということで、私は今本業のほかにいくつか副業(複業)をしているわけなのですが、副業をすると本業との関係や、何が大変になるのかお話できればなと思います。

 

 

副業認めている企業は大体50%

副業で得た何かしらを本業に

メリット:業務スピードはあがる、目線が上がる

デメリット:良くも悪くもいつもやる事やりたい事があふれる、一時的に本業やる気なくなる

 

副業認めている企業は大体50%

 

2019年2月パーソル総合研究所:従業員10名以上企業の人事担当者対象「副業実態・意識調査結果【企業編】」、の調査によれば副業を「全面的に許可」しているのは13.9%、「禁止していない」が36.1%、「全面的に禁止している」が50%とのこと。

私の所属している会社では一応禁止となっています。

 

副業で得た何かしらを本業に

 

副業の一般的なメリットを検索すると、

・副業先でスキルや知識、経験を得た従業員の質が高まる。

・副業をする従業員が得た情報や人脈を、事業機会の拡大につなげられる。

・従業員の定着率が向上する。

・従業員がやりがいを持ち、主体的に働けるようになる。

といったものが挙がってきます。定着率があがる、にはいまいちピンとこない気がしますが。。。

 

 

メリット:業務スピードはあがる、目線が上がる

 

ではメリットですが、ざっくり2年くらい本格的に副業をやっていて思うのは、「したい事・すべき事」が非常に多くなるので本業も副業も業務をこなすスピードが上がります。

もちろん波はありますが、徐々に右肩上がりで上がっている感覚があります。

 

その他、私の場合は人(アルバイト)を雇っていたり、民泊ではマーケティングから販売、管理、営業すべて自分でやるので、経営者目線や管理職目線を経験できるのかな、と思っています。

 

そして、人によっては「確定申告できる」と言う事でしょうか。収入が上がるという事の裏に、様々なものを経費にすることができるのもメリットになり得るのではないでしょうか。

 

デメリット:良くも悪くもいつもやる事やりたい事があふれる、一時的に本業やる気なくなる

 

良くも悪くも、やりたい事・すべき事があふれかえるので大変です。そこにやる「楽しみ」がないと続かないと思います。ですので「楽しい」と思えることを副業にチョイスする方が長続きするような気がします。

あと、これは私だけかもしれませんが「一時的に本業のやる気が無くなる」という点です。私の場合は大体1年位、副業の方が楽しいので本業のやる気が出ませんでした。笑

 

あんまり本業の方でやる気出さないと風当たりが強くなるので要注意です。「副業で一発あてるから本業なんてどうでもよい」とか「副業で稼げてきたから本業どうでも良い」となると損かもしれません。

ここからは私の意見ですが、「本業も副業もうまいこと稼いで、自分のやりたい事を貫いて、やめたい時にやめられる」方がかっこいいかな、と。

 

後は、業務量が必然的に多くなるので、夫婦の時間を疎かにしてしまう傾向がある方は注意が必要かと思います。