FP投資家が選ぶマイホーム[我が家は購入派、でもまだ買っていないその理由]

 

こんにちは、きょうは我が家のマイホーム観について書いていこうと思います。

しばしば、マイホーム派 vs 賃貸派という話が持ち上がると思いますが、我が家は基本的に「マイホーム購入派」です。でも、4年前くらいから「購入する」と決断してまだ購入していません。

その理由についても記事にしています。

 

 

もくじ

 

断然マイホーム派の理由

断然ログハウスに住みたい

まだ購入に至らない理由

 

 

断然マイホーム派の理由

 

我が家は2016年くらいからずっと「マイホーム派」です。

そしてログハウスに住むのが夢です。薪ストーブに薪をくべながら、ピザ焼いてみたり、焼き芋作ってみたり、わくわくするからです。

当然、薪ストーブの排煙問題があるので喧騒から離れたところに住む予定です。そこでゆったりとした時間の流れを感じながら、庭で野菜作ったりして、夜は子どもたちや妻と一緒にワインとか飲むんです。

 

 

断然ログハウスに住みたい

 

そういったこともあり、我が家はログハウス希望です。木のぬくもりに囲まれながら過ごしたいんですよね。

 

ログハウスメーカーとしては、以下のようなメーカーさんがあります。それぞれリンクしておきましたので、良ければHPを見に行ってみてください。

ホンカジャパン

BESS

TALO

 

 

まだ購入に至らない理由

 

実はけっこういたってシンプルです。

 

①建物が2500万、維持費や固定資産税、薪代など含めて10/月+αが必要

②現在資産形成期なため、支出増加は好ましくない

③月額費用が極大になる子の大学入学までに一定額に到達する必要がある

 

つまり、マネープラン上今はGOでないというだけです。絶賛資産形成期なので、形成スピードが落ちてしまう以上踏み切ることはできません。

 

ちなみに、子どもためにマイホームを買うのは我が家では最優先順位ではありません。理由は、子どもがいる期間は長くてまあ22年といった所でしょうか。自分たちの寿命まであと50~60年と考えると、夫婦で家で過ごすことが圧倒的に多くなりますよね。

 

私の周りでは「子どもが小学生になるから」という理由で購入されるケースもあるのですが、その理由なら今じゃなくてもいいのでは・・・と考えてしまいます。人により価値観は様々なのでこれ以上は何も言いません^^

 

我が家は、子どもが巣立った後の夫婦2人での時間がいかに良いものになるかという視点が最重要項目なので、マネープランも含め「今」はまだ購入に踏み切りません。

 

ただ、我が家として今年か来年にもしかしたら購入できそうなサプライズがありそうなので、近いうちに「買っちゃった」報告をするかもしれません。

あるといいなあ