老後にお金は激減、生活費すらままならない

日銀の目標通りいけば1400万→900万

 

老後のお金は、はっきり言います。

資産運用しなければ、無いです。

 

主に2つの観点でなくなるであろうことが予測どころか、

ほぼ確定しています。

①インフレ

②年金の激減

①インフレ

日銀は年率2%の物価上昇を目標に掲げています。

2017年→2018年で0.7%の上昇でした。しかしその中身を見ると

なかなかインパクトが大きいです。詳しくは下記動画を。

IMFの予測では今後の日本の物価上昇予測は1.2~1.66%です。

実際はここまで上昇しないでしょうが、上昇する前提で資金計画を立てなければ

あとで痛い目を見ることは明らか。

 

小中高公立、大学が市立理系の場合1400万かかります。

これが2018年時点で1400万の貯蓄が用意できていた場合、

いまから20年後の2040年にはその価値が、

インフレ2%でマイナス500万、インフレ1%でマイナス300万となります。

 

半端なし。

 

もはや貯蓄して資金用意しておけば、なんてのは通じなくなります。

300万~500万って車一台買えますからね。

 

②年金の激減

今の70代80代は年金だけで大体年収400万あります。

それがいま30代の方々が65歳70歳頃にもらえる年金額は激減します。

 

当然ですよね、高齢者の年金は勤労世代によってまかなわれているので、

高齢者が多くなりいままで2~3人で1人の高齢者を支えていたところが、

肩車式に1人1高齢者を支える社会になれば当然私たちの年金額は激減します。

 

厚生労働省のデータに沿って計算してみると、

私たち(30代)の年金額は年収200万前後かも。

 

つまり月額16.6万円です。

 

これも国のデータですが、高齢者夫婦の生活費は22万円位です。

つまり、物価上昇を考慮しない段階ですでにマイナス6万円です。

 

また、ゆとりのある生活を目指すなら35万円必要です。

これだと、マイナス19万円です。(!!!!)

 

だいぶまずい状況というのが分かります?

 

このままだと、子供の学費で貯蓄が減って、

老後退職金はあるものの年金だけでは足らず、

生活費の補填の為に老後の労働する必要が出てきます。

 

それって精神的にも体力的にもキツイですよね。

 

そこにインフレのダブルパンチ。。。。

 

そうならないように、

事業を起こすなり、資産運用で、

複数の不労所得を得られる財布を用意しましょうね。

 

ゆでガエルになるな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です