共働き家計 家賃を極限まで縮小する方法

いまの家賃はどのくらいですか?

 

今あなたが住んでいる家の家賃はいくらくらいでしょうか。

 

もちろん地域によって差はありますが、

国土交通省のデータでは、

 

全体をならすと5~6万円位というデータがあります。

 

これは年代や家族構成、地域差によってかなりばらつきがあるので

例えば年収500万円の子持ち家庭の平均家賃は10万円位、

というネットの情報が多かった様に思います。

 

これと比較していかがでしょうか。

 

この記事を読んでくださる方は

節約意識が高く、今の家賃をどうにかできないか、

と感じていらっしゃる方だと思います。

 

1つのやり方ではありますが、

家賃をうまくいけば「数千円」まで縮小することができる方法を

ご紹介したいと思います。

 

さっさと住宅ローン組んでしまう

 

え?

 

と思われるかもしれませんが組んでしまうんです。

 

但し、別にそこを終の棲家にするわけでは当然ありません。

 

単純に、マイホームほしい方であれば、

本命の前の仮宿的な考え方です。

 

まどろっこしい方は動画をどうぞ

 

単純な話、今の家賃が5~10万円なら、

1000万円の戸建てを買って、金利1%で35年ローン組むと

月の支払は28,000円です。

 

これだけで、一気に数万円の住居が節約できると思いませんか?

 

もし会社の福利厚生で補助金が出たりすれば、

実質数千円の居住費にすることもできます。

私の会社は月26,000円まででるので、実質負担額は2千円の

住居で済むという計算になります。

 

物件選びにはご注意を!!

 

ただ、これはあくまで購入した物件が

「売れる」という前提の下での居住費圧縮方法です。

 

では「売れる」物件の条件とは、

・購入時点ですでに「土地値」付近である事

・借地権や再建築不可の物件でないこと

・ある程度需要のある立地

 

といったものが上がってきます。

ちなみに、セルフリフォーム(DIY)などで、古い物件を

こぎれいにして売りに出すとそれだけで買取価格が上がったりもします。

 

この3点があれば、

その戸建て物件が売れなかったとしても、

最悪建物を壊して、土地として売ることもできます。

 

建物価格は経年とともに下落しますが、

土地の値段はそう変わりません。

 

つまり購入時の値段付近で売りやすい、と言い換える事が

出来るのではないでしょうか。

 

 

土地値に近い物件の調べ方

 

土地値に近いものをどう判断すべきか、ですが、

とっても簡単に調べることができます。

 

全国地価マップという無料で土地の値段を調べるサイトがあります。

調べる際は下記の画像の「相続税路線価」をクリックします。

 

その後、住所を入れる欄があるので検討している物件の住所を入力します。

 

すると、下記のように出てきます。

 

この「61E」というのはその道路に面している土地は

1㎡あたり61,000円と言う事になります。

 

つまり、検討している物件の敷地面積が100㎡であれば、

その土地の値段は610万円と言う事になります。

 

これはあくまで戸建て物件の場合です。

 

これを見て、検討している物件の価格が「650万円」なら、

建物の劣化具合もありますが購入してもいいかな、と思う方も

いらっしゃると思います。

 

再建築不可かどうか

 

これは簡単です。

販売している不動産屋さんに聞くだけ。

以上です。

 

簡単ですね ♪

 

まとめ

 

・住居費は住宅ローンをうまく使うことでかなり圧縮できる

・1000万の戸建てなら金利1%35年で月の支払は28,000円

・会社の福利厚生あれば数千円になる可能性も

・土地値の物件、再建築可能で、立地が需要のあるところ

・これをうまく使えば、貯蓄や資産運用に回せるお金が爆発的に増える!!!

 

 

ゆでがえるになるな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です