リバースモーゲージとリースバックのデメリット

マイホームを人質に老後資金を獲得

 

老後、サラリーマンを勤め上げ、いざ第2の人生へ。

そんな時にお金がない、そういった事態に対し、

金融機関やハウスメーカーなどが提供しているサービスが、

リバースモーゲージとリースバックです。

しかしながら、これは個人的にエグイ。理由は・・・・

 

理由の前に一度リバースモーゲージとリースバックとは何かを

ご紹介させて頂きます。

 

リバースモーゲージ

 

①自宅を売却することなく融資が受けられる

②生活資金以外に利用できる

③審査が比較的緩やか

といった特徴を持ちます。

 

メリットはリバースモーゲージをやっているサイトに

たくさん載っているので、ここからはあえて、

デメリットについてご紹介したいと思ます。

まどろっこしい方は動画をどうぞ。

 

いやあ、個人的にはとてもエグイ老後資金調達方法だと思います。

逆に、なぜこの2つの仕組みがあり、銀行やハウスメーカーなどが

やるのか、それは当然利益になるからです。

 

リバースモーゲージの場合は、

自宅を担保(人質)に融資を受けるわけなんですが、

銀行などによってはその物件の評価価格の50%を融資する

というところもあります。

 

これを聞いて僕は驚愕しました。

 

だって、例えば、1000万の土地評価がついているのに

(建物は木造なら22年で価値はゼロ)

融資額は500万円で、金利は2~3%と高金利、

そして自分が死んで配偶者もいなくなれば、

その土地付き建物はまんま銀行のものになるんです。

 

つまり銀行は最初から500万円得した状態で、

2~3%の金利収入を得て、いざ誰も済まなくなれば、

1000万の土地を手にするということになります。

 

別に批判をしたいわけでなく、それでも生活資金の融資が

必要な方もいるので、そういった救済策は必要だと思います。

 

でも、自分の子孫に資産を残すことができず、

銀行に差し出すのは、僕はしたくないですね。

 

リースバック

 

リースバックは、最初から所有権自体を差し出して、

売却したのち、家賃を払って老後を過ごすというものです。

 

つまり、所有者から借主になると言う事です。

 

これもこれで、家賃と売却価格次第ですが、

仕組み自体は老後破綻の救済としては良いものだと思います。

 

デメリットは、やはり売却価格です。

おそらく100%買い叩かれます。そして土地という資産はなくなります。

 

だからこその資産運用

 

リバースモーゲージ、リースバックという仕組みのデメリットを

上げさせて頂きましたが、

 

これらを頼らざるを得ない状況を作らない事が大事かと思います。

今後の日本は、年金の減少と物価の上昇という、

老後に手痛いダブルパンチが待ち構えています。

 

早め早めに対策をして、

時間を味方につけて資産運用をしなければ

損しかしない将来が来ることが確定してしまいます。

 

そういう意味では、FP等に相談なさるほうが良いと思います。

ただし、独立系FPの方がいいですよ。より中立意見をくれると思います。

 

ゆでがえるになるな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です