不動産投資 関連News

不動産融資事情

2018年のスルガ銀行のかぼちゃの馬車から最近のレオパレスから

最近の不動産事情は話題に事欠きませんね。。。

なかなか面白い記事が沢山ありました。

 

この辺りで最近の不動産事情に関してまとめておこうと思います。

まずは不動産融資関連・・・・

・『不動産売買急ブレーキ 取引額34%減 海外大手取引減』

・『不動産融資過去最高を更新、4月に加熱サイン出すかどうか』

・『東京都人口一極集中、仙台・名古屋・大阪・福岡から人口流出。
  子育て世代は、さいたま市、流山市、柏市、町田市、つくば市、印西市、札幌市、藤沢市、福津市、小平市へ【転入超過ランキング】』

『アパートローン 16%減 』

各地で融資の引き締めや、そもそも融資しませんという

金融機関が増えている様子が伺えます。

 

ただ、お気づきですよね?

 

それでも不動産融資はされていることに。

つまり融資を受けられる人はいつも通り融資を受けています。

こういう方々は、金利が上昇し、買い手が不足し、物件価格が下がる

その時にさらに買い増して行くことができます。

 

何故か?当然自己資金(現金)が潤沢だからですし、

バランスシート上でも成績優秀なのではないでしょうか。

いつの時代も現金は強し

 

賃貸土壌の変化と審査のスピードアップ

 

インドとyahoo、スマホで賃貸物件の仲介業者として、

 10~15万で単身者ターゲットに。敷金礼金かからないメリット有

・SBI日立 AIローン審査(住宅やカード)を地銀に導出、2019年10月~

yahoo、以前ソニーと組んでメルカリ不動産版をやろうとして、

業界に総スカン食らった上で、今度は賃貸業界に乗り込みをかけてきたな、

という感じでしょうか。

 

単身者に10~15万の家賃て高すぎません?間取り次第ですが。

 

それとも、これからの日本は労働人員をインドから輸入することを

見据えていたりするのでしょうか?いや、でも高くないですか?

 

そしてようやく、AIのローン審査が地銀まで降りてきそうですね。

いちいち待たされずにすぐに結論が出ることを願います。

そしてこれが不動産用のローンにも適応されてほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です