30代共働き家計

何から始めていますか?

家計管理、といえば「家計簿」をつけること、と

思い浮かぶ方がほとんどかと思います。

かくいう私もそのクチです。でも、中々続かないんですよね。

 

でも、ある事を実践すると続きやすくなります。

 

それは、

「節約の先にあるモノ」を想像する

「1か月何もガマンしないで生活してみる」

の2点です。

 

なぜ家計管理しようとしたのでしょうか。

 

老後の為? 何となく?

皆がやっているから? 貯蓄しないと何となく怖いから?

 

これが明確でないと、3日坊主行きです。

 

我が家は、15年以内に1~2億作って、

それを運用しながらインカムゲインを得て、

夫婦で収入を気にせず本当に自分たちのやりたい事を実現するつもりです。

 

まあ、僕は副業しながら収入の財布を増やして、

もっと早くサラリーマンを辞めて、

老後資金等、将来の不安を持っている人達の

力になる事を目標にしています。

 

と、自分達の話になってしまいましたが、要は

「何のために家計管理」をするのかが明確であれば明確である程、

自分の立てた目標の達成確率は上がります。

 

ひらたくいえば、「夢」を持ちましょうってことです。

 

1か月いつも通り生活してみる

 

これはですね、1か月後の結果を見ると絶望しますよ。本当に。

我が家ではマネーフォワードを今は使っていますが、その前は普通のノートに

記入していました。もちろん1円単位まで正確な入力なんていらないです。

 

これをやるといかに自分の家計が「ボーナス補填家計」だったかが分かりますよ。

 

そして、毎月の赤字額に愕然とするはずです。

 

その愕然とし、絶望してしまった気持ちが本当の「危機感」となり

 

そこに、自分が、または自分たちが描いた「夢」を

かけてあげれば必ず家計管理は続きます。

 

「危機感」×「夢」

 

人は想像できれば、それは実現できます。

 

 

手遅れになる前に、気づきましょう。

ゆでガエルにはなるなよ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です