住宅ローン破綻するのはこんな人・・・

昨今、消費税増税の駆け込みによって

住宅ローンを組まれた方も多いかと思います。

では、どのような方が住宅ローン破綻してしまうのか、

今回まとめてみました。

 

 

返済比率高すぎ問題

住宅ローンは結構誰でも借りることができます。

ゆえに、

ご自身の収入支出バランスを崩してでも

住宅ローンの支払いをすることができてしまいます。。。

 

基本的には支払いは以下となります。

年収400万未満:30%まで(つまり月10万円の支払い)

年収400万以上:35%まで(年収500万なら月14.6万まで)

 

気をつけて頂きたいのが、上記は「年収」であって

「手取り額」ではない点です。

 

ここでお伺いしたいのは、

現状の収入と支出を把握しているかどうか、という点です。

結構私の周りでも、エイヤーで買っちゃう人もいるのですが

大変危ないと思います。

 

月々の支払いはなんとかなる!!!

 

とはいえ、

現在の支出がそのまま平行で35年間行くわけがありません。

さらには、家を所有する事でかかる費用というものもあります。

 

最低でも以下は把握しておいて損はないと思います。

① 半年後にくる不動産取得税(十万単位)

② 10年に1回何かしらの修繕費がかかる

③ 固定資産税は3〜4年後に倍になる

④ 教育費がのしかかっても生活に窮しないか

⑤ 30年後物価上昇で手取りが目減りしている事

⑥ 金利はいつか上がる

 

変動金利についていけない問題

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

前段の「金利は上がる」 に続きますが、

昨今、住宅ローンの半分くらいは「変動金利」

選ばれることが多いのではないでしょうか。

 

固定金利であればこの項目は読み飛ばしてOKです。

 

では、

日銀が金利あげる、となった場合自分の支払額が

どう変動するかご存知ですか??

 

基本的には、明日からいきなり

金利1%から3倍の3%になったとしても、

支払額まで3倍になる訳ではありません。

 

どんなに金利が上がっても、

月の支払額の変動は5年に1回、最大1.25倍までです。

月10万円払っていれば、最大で12.5万円です。

10年間のうちで、月の支払い額が変動するのは

2回だけ。

 

実際は、金利変動についていけないってことはないと思いますが、

それによって多少なり返済額がアップして

想定を超えた場合、生活が苦しくなりますね。

 

ボーナス払い設定しちゃった問題

早い話がボーナス払いしない方が良いですよ、

というお話です。

 

これは簡単、そのボーナスあてにしてますが、

いつそれが大幅に減るか誰にもわからないから、です。

 

昨今、40代50代の早期退職案件が増加する中で、

将来自分が40代50代になた時もボーナスが保障される

保障なんてないというのが理由です。

 

地盤災害リスク

最後に、これ言い出したらきりがありませんが、

せめて水害などのハザードマップは見ておいてくださいね。

それでもそこがいいなら、

水害マップなどが値引き交渉の理由になりますしね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です