フリーランスの仕事の今

今回は「フリーランスの仕事の今」という内容を3点に纏めて

説明していきます。

・フリーランスの増加

・年収・満足度

・フリーランスのこれから

 

 

まどろっこしい方は下記の動画をご覧くださいね。

 

フリーランスの増加

こちらは経済産業省が2018年に出していた資料です。

フリーランス人口は世界的に年々増加しています。
その中でも日本のフリーランス人口の増加数は凄まじいですね。

2015年には913万人で14%だったものが
2018年には1119万人で17%まで増加しています。
就労人口の5人に1人がフリーランスってかなりの割合ですよね。

さらに、アメリカは
2015年は5300万人で34%
2018年は5730万人で35%
3人に1人がフリーランスです。

世界的にもフリーランスが浸透しており、フリーランスを選ぶ人が増えているというのが数字を見るだけでわかります。
(株式会社ランサーズフリーランス実態調査2018出典)

独立自営業(フリーランス、個人事業主、クラウドワーカーなど)全体でみたときの1年間の報酬総額は200万円未満の者が60%にのぼる一方、仕事全体の満足度は高い(2018年労働政策研究・研修機構出典)

僕の周りは個人事業主が多いのですが、やはり、

「自分たちのやりたい事だけ出来る」という仕事を自分でコントロールし、

産みだしている感覚が重要なのかな?と感じます。

 

 

年収と満足度

日本のフリーランスの約60%が年収200万円未満とかなり厳しい世界になっています。ただ、800万以上は6.8%とかなり現実的な数はいますね。

働き方に関する満足度は
・仕事全体の満足度
・働きがい満足度
・働きやすさ満足度
これらの項目は60%以上が満足しています。
ただ収入満足度は全体の約40%と少なくなっています。

つまりフリーランスは働きやすく満足度は高いが年収は低い傾向にあるということが見えてきます。

 

 

※おまけ(トラブル編)

このような調査結果もあります。もっともトラブルになったものは、

「仕事内容/範囲について」です。逆にこれらを契約する前から線引きするなり、一方的な変更があった際にどうするかなど、事前にトラブルになる火種をつぶしておくという対策ができますね。

ではまとめます。

 

フリーランスのこれからについてのまとめ


・テクノロジーの爆発的な進化

・5G/loT/AI/
これらによって作業効率が爆発的に良くなります。極端な話、どんどん暇になっていきます。フリーランスとして働きつつ自分の得意をどうマネタイズできるかが重要になっていきます。

 

ちなみに、キャッシュレス導入しないと言う事は明らかに時代に逆行しているので、導入すべきです。ゼロ円で導入できる Airpay などもありますし。

 

5Gの進歩による動画やライブのサービスも注目です。Netflix、Amazon、Appleディズニー等が参入しているジャンルであり、これらが盛り上がるのはほぼ確実ですよね。こういったものがコンテンツとして、より豊かになっていきます。

 

では、自分達の仕事を、もしくは自分の得意をマネタイズするならこれらにどう絡めていくのか、時流に乗るのか、考えるだけでワクワクしませんか?

世界的にフリーランスの割合は増えています。
アメリカでは勢い良く増えていて3人に1人フリーランスですしね。
新しい雇用、職業の創出がテクノロジーの進化とともにどんどん増えていきます。

 

そういったものに全く気付かずにサラリーマンで1日働いて寝てを繰り返して情報をキャッチできていないというのは機会損失以外の何物でもないです。

老後になってやっておけばよかったと思うくらいならこのチャンネルから色々な情報を仕入れてあなたの為に活用して頂けたらなと思います。

 

ゆでガエルになるな

 

↓ほぼ毎日更新してますので是非遊びに来てください♬

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です