またもや足元で進む物価上昇

物価上昇は足元で進むと思っていましたが「ここまで上がるのか」

という分野がありましたので記事にしました。

まどろっこしい方は動画でどうぞ。

 

まずは大切なことから記載しておきます。

・物価上昇により今持っている現金の価値は減ります。
・生活必需品の価格が上がれば余剰資金が減ります。
・銀行の金利なんてどんなにいいところでも0.1%です。なので貯蓄は今後は損しかしません。

この状況下で

現金価値が下がるのを眺めるのか、

資産運用をするのか、これは自由です。

ただ、僕は少しでも資産運用に挑戦してみて、

自分の財務基盤を作っていくというのが、

これから先の生活を豊かにするためには大切なこと

なのかなと思っています。

 

本記事の目次

・家電価格の上昇

・日本の問題点

・物価上昇がもたらすもの

・その対策

 

〇家電価格の上昇

家電価格8か月連続プラスとなっており、

7月は駆け込みで3.8%上昇しています。

これって相当やばいことですよね・・・。

一時的な物価の吊り上げならまだましなのですが

全体的に上がり続けています。

(各種目が何%上昇しているかは動画4:00辺りをご覧ください)

 

家庭用耐久財の価格は前年同月比で3.8%上昇しており、

7月は電気掃除機の価格が3割上昇しています。

もしこの調子で生活必需品の価格が上がり続けるとしたら

余剰資金が減るのは当たり前のことですよね。

 

〇日本の問題点

今の日本で最も問題なのは物価は上がるけど

給料上がってないという点です。

企業が持つ現金の内部留保が

過去最高値になっているのが悩ましいですね。

また、
2018年物価上昇率は0.8%です。

生活必需品の価格項目の

69項目中20項目は1~12%(平均3.7%)上昇しています。

携帯電話料金の下げによって

0.8%とはなっていますが、個別にみると

生活必需品系の価格は年々上昇傾向です。

物価上昇は現金の価値を相対的に下げるので

給料が上がらない中、

貯金だけだと損をしてしまう、と言えますよね。

 

〇物価の上昇が続いた場合

インフレが続くというのは将来の

お金の価値が低くなるということと同義です。

実際の例でいくと、
小学校~理系私立大に進学する際に必要な学費が大体1400万です。

例えば現在1400万あったとして「もう将来の学費の心配はない」

と、これ以降積立てが不要かといえばそうではないのです。

20年後、年間2%のインフレが続いていった場合、

この1400万は300~500万円分の価値を消失しています。

これこそ、あとから気付いてももう遅いのです。

ゆでガエル状態にならないように注意が必要です。

今貯めている現金が今のように価値があるかどうか、

というのはインフレ率によって大きく

左右されてしまうということです。

こうやって見ていくとおむつなどの日常品の

小さな物価の上昇の積み重ねって怖くないですか?

〇その対策

出来ることはいくつかあります。

1)貯蓄は最低生活予備資金で十分

2)それ以外のお金は資産運用に回す

3)預金は外貨配分を増やしておく

4)不動産を持つ

などでしょうか。

1つずつ説明すると長くなってしまいますが、

要は貯金以外の選択肢を持つことが大事です。

 

ちなみに、youtubeで配信してますが「金」に

投資することは私はお勧めしていません。

なぜなら、「金」自体はお金を産みださないからです。

ご興味のある方はこちらをどうぞ。↓

もっと詳しくと言う事でしたらメッセージください。

早めに動画&ブログコンテンツつくります。

 

まとめ

物価は足元でちゃっかり・こっそり上がってること

知ってほしいです。物価上昇があるということは

現在持っている貯金の価値が下がっていきます。

そこに気づかず30年後、お金が無い!なんてことに

ならないようにしてもらえたらなと思います。

 

ゆでがえるになるな

 

↓ほぼ毎日更新してますので是非遊びに来てください♬

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です