損益公開 分析して購入した株式はどうなった?

 

現在、第1~2回で日本の個別株を「分析して購入」と題して動画とブログを公開し、3銘柄保有しています。では購入してから大体3カ月くらいといった所ですが結果はどうなったのか、ご紹介したいと思います。

 

もくじ

 

現在、3種類保有中

マイ購入ルール

3社の評価損益

3月の全体の評価損益

 

 

現在、3種類保有中

現在保有しているのは、「モバイルファクトリー」「ピアラ」「リグア」となります。それぞれを選んだ理由は下記の記事よりどうぞ。

 

 

マイ購入ルール

1,時価総額100億未満

2,ROE15%

3,筆頭株主が社長

上記を、四季報オンラインでスクリーニングにかけて株式を選択しています。それぞれを選んだ理由ですが、「オーナー会社でお金の使い方がうまく、時価総額が低い方が株価が跳ねやすい」となります。

実際に、2倍3倍株自体は統計上結構当たる可能性が高いのでそれを狙います。

 

 

3社の評価損益

こちらの画像の通りです。とはいえ、数カ月程度で勝った負けたを論じるのは若干ナンセンスな気もしますが、定点報告と言う事でとらえて頂けたらと思います。

モバイルファクトリーは1.38倍、ピアラは0.67倍、リグアは1.13倍というところでしょうか。

【第1回】株分析して買ってみるシリーズ

別記事にまとめていますが、日本株は基本100株単位でないと購入できませんが、「SBIネオモバイル証券」で購入すると、1株単位で購入することができます。

それゆえに、株式の勉強するときにはうってつけの証券口座となります。

 

ちなみに、5年前くらいから購入している「リクルート」はざっくり2倍ほどになっていますね。

 

 

3月の全体の評価損益

では、全体の資産としてはどの位増えたかですが、ブログメニューの「資産推移結果」をご覧いただければと思います。

3月は2月と比較し+140万ほどで、昨年末と比較すると+337万ほどのプラスとなりました。

 

正直、投資をしている人はいまほぼ皆勝っています。ですので、資産を購入している方ほどグングン資産残高は増えていきます。

 

これを貯蓄だけに回していたらもったいないですよね。是非今からでも全く遅くないので、資産を築いて豊かな来を形成しましょう!

第2回 個別株分析して買ってみた