早期リタイア 週3日労働のプチリタイア

 

FIRE(Financial Independent Retire Early)という事が日本でもかなり浸透してきたのではないでしょうか。今回は、FIREを実現すると考えた時の具体案を「週3日ちょこっと働いて」実現するというテーマで記事にしたと思います。

 

 

もくじ

 

トリニティ大学調べで毎年4%崩せば元本減らない

月生活費35万円だとFIREまでどの位?

週3日労働位に留めれば、もっと早期に実現できる

なんにせよ必須な行動3つ

 

 

 

トリニティ大学調べで毎年4%崩せば元本減らない

この理論は1998年と23年も前に公表されている内容となります。退職者を対象に、30年後の資産残高を見たものですが、「株式50%・債券50%」の比率で保有し、毎年4%ずつ切り崩していた場合、「資産は95%の確率で減らない」という研究結果です。

自分の保有資産の4%=毎年の生活費の合計、であれば実質的に労働収入を当てにしなくても生活が成り立つ、というわけです。

 

月生活費35万円だとFIREまでどの位?

では実際、毎月の生活費が35万円=年間生活費420万円の場合で考えてみたいと思います。

年間420万円を資産の4%でまかなうので、420万円÷4%=1億500万円となります。

 

但し、株式や債券を売却したり、配当金利収入を得る場合20%の税金が引かれます。ですので420万円の手取りを得るには420万円×1.25=525万円が必要です。(525万円から20%引いてみてください、420万円になります)

その為、計算のし直しです。結論525万円÷4%=1億3125万円が必要試算額となります。

 

言い換えれば、運用しながら月35万円を切り崩すというのを、この論文の通りにすると資産1億3125万円(株式6563万、債券6563万円)が必要となります。

 

週3日労働位に留めれば、もっと早期に実現できる

1.3億はちょっと・・・なるので、「週3日くらい夫婦でちょろっと働くプチFIRE」はどうでしょうか。

夫婦で日給当り8300円を週3日、とすると各々手取り100万円、世帯では手取り200万円を稼ぐことができます。

 

そうなれば、生活費月35万円=年間420万円ー200万円=220万円を資産から捻出できればプチFIRE出来そうです。

 

では計算してみましょう。220万円×1.25(税金分)÷4%=6875万円となります。この資産が作れれば、毎年4%切り崩して就職せずとも生活が成り立ちます。

 

これで1.3億から半分になりました。もちろんもう少し世帯の手取り収入が増えれば、さらに少額で年間4%切り崩しスタイルのプチFIREが実現できます。

 

ただ、ゼロベースから6000万円以上の資産を作ろうとするとそれなりの努力が必要です。月10万円を年利5%運用し続けて25年かかりますので。

NASDAQ100連動「QQQ」は買いか?

複利とは? 学費の作り方例

 

なんにせよ必須な行動3選

〇早期資産形成できる、稼ぐ力と倹約力

〇生活費のコンパクト化

〇今の勤め先以外の副収入

これらが、単一もしくは複数、または全部が必要です。

副業と本業への影響/やって見て分かったメリット/デメリット

【実体験/支出180万減】貯蓄体質をラクして作る完全版〈節約ノウハウ付〉